男のダンディー・ライフ専科

男が仕事や恋愛、日常生活等でクール&ハッピーになることを目指す自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

報告、連絡、相談(ホウレンソウ)の2大説明ポイントとは?

 ☆彡報告、連絡、相談(ホウレンソウ)のコツ

 

◆報告は流れるような説明をせよ

 

同じ報告でもある人がするとスムーズなのに、

 

自分がすると何故か質問攻めにあう。

 

そんな経験ありませんか?

 

 多くの場合、その原因は、あなたのそのたどたどしい説明にあります。

 

詰まりながらの説明は、自信のない印象を与え、相手を不安に陥れます。

 

その不安が重箱の隅をつつくような質問に変わり、

 

話の内容とは無関係なあらさがしをされてしまうのです。

 

 流れるような説明をするには2つのコツがあります。

 

➀「森」⇒「木」⇒「枝」の順で話をする。

森=話の全体、木=話のポイント、枝=詳細な説明の順序です。

 

あなたが話したい事、

 

つまり、枝葉から話始めるのではなく、

 

まずは森(全体像)を話すことで相手の頭のベクトルをこちらに向け、

 

木(話のポイント)を説明し、

 

続いて枝葉(詳細説明)に入るのです。

 

これができると思った以上にスムーズに報告、連絡、相談(ホウレンソウ)ができます。

 

➁事前に、「開始のセリフ」と「説明と説明の間のセリフ」を決めて置く。

 

説明と説明の間のセリフというのは森と木、木と枝葉の説明をつなぐ接続詞です。

 

「しかし」なのか「具体的にいうと」なのか、

 

話の展開をスムーズにするための接続詞を事前に決めておくと、

 

上司やクライアントの前に立ったとしても、

 

論理の展開がスムーズで、

 

緊張せずに報告、連絡、相談(ホウレンソウ)ができます。

 

小さなことだと思うかもしれませんが、

 

こうしたことの積み重ねがあなたの印象を作ります。

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

 

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

 

 以上は 河野英太郎著 「たった1パーセントの仕事のコツ」より一部抜粋&加筆

 

☆彡7月20日 今日の一日一言 松下幸之助

“仕事の上手”に

日本古来の武道の一つに“弓道”があるが、この道の達人の域に達すると、たとえ眼かくしをして矢を放っても、ピシャリと的を射るという。

しかし、こういった名人の域に達するには一朝一夕ではとても覚つかない。一矢射るたびに必ず検討を加え、工夫を重ねていって、一歩一歩、上達していくのである。

私は“仕事”にしても、これと同じことが言えると思う。日々、みずからの仕事の成果を検討することに努めれば、必ずや“仕事の名人”とまではいかなくとも“仕事の上手”にはなれると思う。

100本の矢を射れば、少なくとも80本は的に当たるという“上手”の域にまで、おのおのの仕事を高めたい。

以上は 松下幸之助著 「一日一話」より一部抜粋&加筆

 

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク