男のダンディー・ライフ専科

男が仕事や恋愛、日常生活等でクール&ハッピーになることを目指す自己啓発・開運ブログです。

スポンサーリンク

「聞かれたことに的確に答える。」のが報告、連絡、相談(ホウレンソウ)のコツだ!

 ☆彡報告、連絡、相談(ホウレンソウ)のコツ

 

◆聞かれたことに的確に答える。

 

報告、連絡、相談(ホウレンソウ)では、質問が返ってくることがあります。

 

例えば、「それで、○○さんにアポイントは取れたの?」という質問を受けたら、

 

あなたはどうこたえていますか?

 

この時、「○○さんは出張らしいんですよ」等と、

 

理由や背景から返事をしてしまう人が多いのではないでしょうか。

 

酷い場合には、「○○さん。さっき会ったら忙しそうだったんで、

 

話しかけようにもなかなかタイミングが知れなくて、部下が急に来なくなったらしいん

ですよ」と更に迂回する人もいます。

 

そんな時、質問者はこう考えています。

 

「要するに、アポは取れたのか、取れなかったのか、

 

別の日に決まったのか、どうなんだ!、早く教えてくれ!」

 

 こうしたケースでは、質問者が一番聞きたいこと、

 

つまり、「アポイントが取れたかどうか」を最初に応えた後、

 

必要に応じて周辺事情を話すようにしましょう。つまり、

 

「ハイ取れました。」

 

「いいえ取れませんでした。」から答えることです。

 

 

場合によっては「いいえ取れませんでした」という回答を受けて、

 

上司が「そうか。じゃあ○○さんへは私から話そう」と

 

別の判断を入れるかもしれません。

 

その判断をしなければならない人にとっては、

 

あなたが提供する周辺情報は雑音でしかないのです。

 

 ほかにも、

「何が言いたいんだ」

 

「どうして遅れたんだ」

 

といった詰問調の質問に対して、素直に回答せず、

 

「すみません」と返してしまう人も多いものです。

 

これも経験的に言って火に油を注ぐことになりかねません。

 

5W1Hの質問もYes or NOで答える質問も聞かれたことに的確に最初に答えるのがルールです。

 

 
Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

 

 

以上は 河野英太郎著 「99%の人がしていないたった1パーセントの仕事のコツ」より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク